快速「庄内Shu*Kura」の運転日・時刻・車両編成

「越乃Shu*Kura」編成写真 2020年冬の臨時列車

運転情報について

運転日

  • 2020年12月5・6日

運転区間

  • 新潟 – 酒田

快速「庄内Shu*Kura」は新潟 – 酒田間を白新線・羽越線経由で運転されます。新潟 – 新発田間は白新線、新発田 – 酒田間は羽越線をそれぞれ走行します。

停車駅

停車駅については以下のとおりです。

  • 新潟
  • 新発田
  • 中条
  • 坂町
  • 村上
  • 桑川
  • あつみ温泉
  • 鶴岡
  • 余目
  • 酒田

運転時刻

9825D:快速「庄内Shu*Kura」(新潟 – 酒田)

運転日は、2020年12月5・6日です。

停車駅名着時刻発時刻
新潟09:33
新発田10:0610:08
中条10:2410:25
坂町10:3510:36
村上10:5011:00
桑川11:1811:40
あつみ温泉12:1212:30
鶴岡12:5612:56
余目13:0913:10
酒田13:21

桑川駅では、新潟 – 酒田間で運転されている快速「海里KAIRI」を待避するための停車時間がとられています。普段はなかなか顔を合わせることのない列車同士の並びが撮れそうですね。

また、あつみ温泉駅では、新潟 – 酒田間で運転されている特急「いなほ 3号」を待避するための停車時間が設けられています。こちらも、普段は運転区間が異なるのでなかなか顔を合わせる機会のない組み合わせになります。

特急「いなほ」号に使用されているE653系1000番台には2017年10月から瑠璃色に、同年12月からはハマナス色に塗り替えられた編成があります。いずれも1本だけですが、どの色がこの日は並ぶのかを考えてみるのも面白いですね。

首都圏から快速「庄内Shu*Kura」を利用する場合は、東京を07:04に発車する上越新幹線「Maxとき 303号」に乗車すると、新潟駅に09:02に到着するので余裕を持って乗り継ぐことができます。こちらの停車駅は上野・大宮・越後湯沢・浦佐・長岡・燕三条です。

9832D:快速「庄内Shu*Kura」(酒田 – 新潟)

運転日は、2020年12月5・6日です。

停車駅名着時刻発時刻
酒田14:54
余目15:0415:05
鶴岡15:1815:19
あつみ温泉15:4315:43
桑川16:1916:19
村上16:4116:41
坂町16:5216:53
中条17:0217:11
新発田17:2317:25
新潟18:13

新潟駅からは、新潟18:53発の上越新幹線「とき 344号」に乗り換えができます。停車駅は燕三条・長岡・越後湯沢・上毛高原・高崎・大宮・上野・東京です。

車両編成・設備・料金について

車両編成

  • キハ40・48形3両編成「越乃Shu*Kura」

快速「庄内Shu*Kura」は、新津運輸区所属のキハ40・48形気動車3両編成「越乃Shu*Kura」で運転されます。

1号車2号車3号車
キハ48-554キハ40-552キハ48-1542

普段は金曜日・土曜日・休日を中心に上越妙高 – 十日町を1往復する快速「越乃Shu*Kura」に使用されている編成です。

車両設備

  • 普通車全車指定席

快速「庄内Shu*Kura」は、普通車全車指定席で運転されます。

乗車には、乗車券の他に指定席券(530円)が必要になります。

乗車料金

新潟 – 酒田間で快速「庄内Shu*Kura」に乗車する場合の乗車料金は、乗車券3,080円 + 指定席料金530円 = 3,610円です。

新潟 – 鶴岡間で快速「庄内Shu*Kura」に乗車する場合の乗車料金は、乗車券2,640円 + 指定席料金530円 = 3,170円です。

ちなみに、新潟 – 酒田間で同区間を走行する快速「海里KAIRI」を利用した場合は運賃総額3,920円です。

また、特急「いなほ」号の普通車自由席を利用した場合の運賃総額は4,840円、普通車指定席では5,370円、グリーン車指定席では6,940円です。

まとめ

以上、2020年冬の臨時列車として運転される快速「庄内Shu*Kura」について色々とまとめてみました。

新潟県・庄内エリアのアフターDC(デスティネーション・キャンペーン)に合わせて運転される快速「庄内Shu*Kura」。車内でお酒をたしなんでほっこり気分になりながら、荒波うねる冬の日本海を眺める旅も良さそうですね。

使用車両が「越乃Shu*Kura」と聞くと、どうしてもお酒のイメージが頭をよぎってしまうのは、飲んべぇのよくないところです(笑)

コメント

タイトルとURLをコピーしました