ついに横須賀線・総武快速線でE235系が営業運転スタート!

2020年12月21日(月)から、横須賀線・総武快速線でE235系の営業運転が開始されます。

現在はE217系が使用されていますが、これを順次置き換えていく形でE235系が投入されていくようですね。

E217系と同じだけの両数が導入予定

最終的な置き換え時期については言及されていませんが、11両編成が51本、4両編成が46本導入されるようです。総数は745両となり、ちょうど今現在使用されているE217系と同じ数が出揃うことになります。

山手線にE235系が投入された際には49編成を2年半ほどかけて順次導入してE231系500番台を置き換えたので、E217系もそのくらいのスパンでの置き換えになるでしょうか。

もしあるのならば転用や譲渡、あるいは廃車や疎開配給などがどのような形で行われるのか、注目ですね。早速、2020年11月12日には長岡車両センター所属のEF64-1031が大船の鎌倉車両センターに送り込まれて連結訓練が行われたようです。

EF64形が使用されたということは、長野総合車両センターへの廃車回送でしょうか。こういう車両の移り変わりの際の動きに、興味は尽きないものです。

運用区間はとりあえず今までどおり

E235系1000番台の運用区間は、E217系と同様となっています。末端区間の鹿島線香取 – 鹿島神宮なんかもそのまま残されていて、ちょっとホッとしていますw レア行き先として、E217系ともども記録しておくのも良さそうですね。

路線区間
横須賀線東京 – 久里浜
総武快速線東京 – 千葉
外房線千葉 – 上総一ノ宮
内房線蘇我 – 君津
総武線千葉 – 成東
成田線佐倉 – 香取
成田 – 成田空港
鹿島線香取 – 鹿島神宮
E235系1000番台 横須賀線・総武快速線の運用区間

普通車オールロングシートで混雑緩和になるか!?

E235系1000番台の座席は全てロングシートになりました。東京に遊びに行った際に朝の総武快速線を利用する機会が多かったので、これは嬉しい変更ですね。

田舎もんからすると、もう乗れないレベルで乗ってますからね(´・ω・`) あの車内でスマホや新書を読む余裕のある(?)デキるビジネスマンになりたい人生でしたw

ボクがよく乗っていたのは馬喰町 – 東京でしたが、当時はインバウンドの人も多くてなかなかの混雑具合でしたね。成田空港へのルート上にあるということで、総武快速線沿線はインバウンドの方で結構ホテルも賑わっていましたし。

ちょっとだけ近い浅草橋を通る総武線の混雑もさもありなんなので、混雑が嫌なら、歩いて秋葉原か神田まで出るしかない、みたいな感じでしたw 今の状況は、また違うんでしょうね。またクローズドな田舎生活に戻ってしまって、なんだかもう遠い昔のように感じられます。

車内は最新設備モリモリでも、駅が……

E235系1000番台は最新車両ということで、防犯カメラや空気清浄機、デジタルサイネージに大型液晶広告画面など様々な最新設備が取り揃えられています。

制御装置もSiC素子を使用したインバータによるVVVF制御と、こちらも最新。E217系はGTO → IGBTと更新されてきましたが、車両の更新とともに制御装置もスペックアップですね。

車両は新しくなりましたが、総武快速線の地下区間の駅の陳腐化が気になるところではあります。滝のように湧き出ている地下水や、どことなく昭和テイストを感じさせるタイル張りの駅構内。東京駅なんかだと、総武快速線ホームからエスカレータで上に登ると、キラキラとした別世界が広がっていますからねw ドドンと置かれているコワーキングスペースがまるで異世界のようなものにさえ思えてくる感じです。

この辺りも車両と共に少しでも見栄え良く手を加えていって欲しいものです。

まとめ

E235系1000番台の営業運転開始が公式にアナウンスされたことで、E217系も先が見えてくる車両となりました。

車両センターの容量の関係上、ある程度の期間をもって置き換えが進んでいくものとは思いますが、記録・乗車・撮影はお早めにどうぞ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました