快速「リゾートあすなろ下北 4号」の運転日・時刻・料金は?乗車に関する疑問を徹底ガイド!

2020年冬の臨時列車

快速「リゾートあすなろ下北 4号」は、2020年冬の臨時列車としてJR東日本が運転する臨時快速列車です。

運転日や時刻・料金など、乗車する上で気になるポイントについてまとめました。

快速「リゾートあすなろ下北 4号」の運転情報について

運転日は2020年12月5・6・26〜31日・2021年1月2・3・8〜11日です。

運転区間は大湊駅 – 八戸駅間で、大湊駅 – 野辺地駅間はJR東日本大湊線、野辺地駅 – 八戸駅間は青い森鉄道青い森鉄道線を走行します。

8236D:快速「リゾートあすなろ下北 4号」(大湊 – 八戸)の運転時刻については次のとおりです。

停車駅名着時刻発時刻
大湊15:59
下北16:0216:03
陸奥横浜16:2516:26
野辺地16:5317:05
三沢17:3117:32
八戸17:53
出典:JR東日本 駅の時刻表 快速「リゾートあすなろ下北 4号」

快速「リゾートあすなろ下北 4号」の使用車両について

快速「リゾートあすなろ下北 4号」は、八戸運輸区(盛ハヘ)所属のHB-E300系2両編成「リゾートあすなろ」で運転されます。

「リゾートあすなろ」の名前の由来は、青森県の県木「青森ヒバ」の別名で明日への希望をイメージさせる「あすなろ」から来ています。

車両のカラーリングは、ねぶた・ねぷた祭りの熱気を現す「赤」、下北半島に咲く菜の花畑の「黄」、そして豊かな森林をイメージした「緑」の3色を組み合わせることで、青森らしさを表現しています。

当初は東北新幹線新青森駅開業に伴い、津軽線・大湊線・青い森鉄道線を前提に運用が開始された車両でしたが、近年は青森車両センターから八戸運輸区所属となって、どちらかといえば盛岡・八戸エリアを中心とした運用となっています。

快速「リゾートあすなろ下北 4号」の料金について

快速「リゾートあすなろ下北 4号」は普通車全車指定席で運転されるため、乗車には乗車券のほかに指定席券が必要です。

青い森鉄道線内相互間のみの指定席券は発売されないので、八戸駅 – 三沢駅間・三沢駅 – 野辺地駅間のような利用はできません。

快速「リゾートあすなろ下北 4号」を大湊駅 – 八戸駅間で利用した場合の料金は、乗車券2,530円 + 指定席券530円 = 3,060円です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました