2021年3月30日発 5050レ:「カンガルーライナーNF64」(福岡貨物ターミナル → 名古屋貨物ターミナル)の列車編成

2021年3月30日発 5050レ:「カンガルーライナーNF64」(福岡貨物ターミナル → 名古屋貨物ターミナル)の列車編成 九州地方発の貨物列車

2021年3月30日発 5050レ:「カンガルーライナーNF64」(福岡貨物ターミナル → 名古屋貨物ターミナル)の列車編成・コンテナ番号をまとめました。

これが「カンガルーライナーNF64」の上り一番列車ですが、積載はそこまでよくないですね。判明した範囲で各駅での荷役作業についてもまとめておきました。

停車駅時刻と荷役作業

5050レ:「カンガルーライナーNF64」(福岡貨物ターミナル → 名古屋貨物ターミナル)の停車駅と荷役作業については、以下の表の通りです。

駅名着時刻発時刻荷役作業
福岡(タ)01:26
北九州(タ)01:2502:02
岐阜(タ)15:5916:55
名古屋(タ)18:23
  • ◎:着発線荷役
  • □:コンテナ車の連結のみ
  • △:コンテナ車の解放のみ
  • ◯:コンテナ車の連結と解放

列車編成

けん引機関車

この日の福岡貨物ターミナル – 幡生操車場間のけん引機には、門司機関区所属のEH500-50が充当されています。

また、幡生操車場 – 名古屋貨物ターミナル間のけん引機には、岡山機関区所属のEF210-10が充当されています。

広島貨物ターミナル – 西条間の後部補機には吹田機関区所属のEF210-313が充当されています。

福岡貨物ターミナル〜東京貨物ターミナル間の編成

2021年3月30日発5050レ:「カンガルーライナーNF64」(福岡貨物ターミナル → 名古屋貨物ターミナル)の北九州貨物ターミナル – 岐阜貨物ターミナル間での編成です。

1車目:コキ104-2457?

  • 19D-42673
  • V19C-3305
  • 19D-42458
  • 19G-20209
  • 19D-34066

2車目:コキ106-450

  • 20D-1439
  • 19D-24532
  • 19D-39715
  • 20G-718

3車目:コキ104-748

  • (空)

4車目:コキ104-2229

  • (空)

5車目:コキ107-1730

  • (空)

6車目:コキ107-85

  • (空)

7車目:コキ104-1581

  • (空)

8車目:コキ107-1370

  • UF42A-38033

◎岐阜(タ)

9車目:コキ104-1386

  • U54A-38281

10車目:コキ107-1179

  • U54A-38252
  • U54A-38312

11車目:コキ107-1696

  • U54A-38328
  • U54A-38287

12車目:コキ107-1224

  • U54A-38259
  • U54A-38264

13車目:コキ104-1905

  • U54A-38220
  • U54A-38320

14車目:コキ107-1631

  • U54A-38309
  • U54A-38324

15車目:コキ107-1316

  • (空)

16車目:コキ107-987

  • U54A-38271
  • U54A-38319

◎岐阜(タ)

17車目:コキ107-1838

  • U54A-38293
  • U54A-38232

◎岐阜(タ)

18車目:コキ107-477

  • (空)

19車目:コキ106-947

  • (空)

20車目:コキ104-1935

  • U54A-38303
  • U54A-38304

□北九州(タ)

21車目:コキ107-1495

  • U54A-38302
  • U54A-38260

□北九州(タ)

22車目:コキ106-978

  • U54A-38231
  • U54A-38273

□北九州(タ)

23車目:コキ104-483

  • U54A-38300

□北九州(タ) – ◎岐阜(タ)

24車目:コキ106-685

  • (空)

□北九州(タ)

まとめ

この日は福岡貨物ターミナルは19両編成で出発、北九州貨物ターミナルで後ろに5両を増結して、岐阜貨物ターミナルでは7・16・17・23両目に積まれていたコンテナを取り下ろしたようです。

増結される5両については決まりとして、岐阜貨物ターミナルで荷役作業が行われるコンテナ車については、継続した調査が必要になりそうです。空席が多いと判断できませんからね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました