「真・三國無双8 Empires」体験版が微妙すぎる

ゲーム

こんばんは!まぶです!

年末に向けて今年最後のお楽しみゲームとしていた「真・三國無双8 Empires」の体験版が配信されていたので、3時間ほどプレイしてみました。PS4版です。

戦略シミュレーション要素もほんのちょっぴり混ざっているEmpiresシリーズが好きなので楽しみにしていたのですが、なんとも言えない残念な感じ。

エディットと侵攻戦・防衛戦しかプレイできませんが、それでも買うのはためらわれるレベルでした(´・ω・`)

2021年のゲームとは思えないほどに酷い敵武将のAI

やれAIだ機械学習だと騒がれている昨今ですが、「真・三國無双8 Empires」に関してはそんなのは微塵も感じさせないほどに酷いAIでした。

敵武将がとにかく自キャラを執拗に追ってくるんですよね。華雄・呂布・陳宮・貂蟬たちから逃げ回っている最中に撮ったのが、次の画面。この後、タコ殴りにされてやられました(´・ω・`) つまらん。

武将(プレイヤーキャラ)を追っていたら拠点があったので制圧に向かうとか、敵武将がいたので戦闘を開始するとか、そういう要素は全く見受けられません。

一度プレイヤーキャラを見つけるとどこまでも追ってきてしまうAIのポンコツ具合(´・ω・`)

オーラ武将に取り囲まれる真・三国無双2を思い出します。もしかして狙ってるのかな!?!?ステルス兵士とワンショットキル弓兵も出てくる!?

Empiresということで敵拠点を落とさないといけないのですが、今作では拠点内に武将がいると落とすことができないんですよね。これがひたすらにプレイヤーキャラを追いかけてくる仕様と相まってかなり難易度を持ち上げている気がします。

遠回りをして数体の敵武将から逃げつつ、速攻で拠点を落とすというお間抜けプレイが最適解というのは、どうなんでしょうね。

2時間ほどやって一度も侵攻戦に勝てなかったのがツラい。げんなり。

エディットはリアル寄りになったものの……

Empiresの楽しみといえば、エディットモード!これは外せません。

エディットモードは2021年のゲームらしく、ちゃんとしたグラフィックになっています。ここは褒めるところ。

モンハンワールドみたいな感じといえばわかりやすいでしょうかw

せっかくなので「真・三国無双7 Empires」をプレイしていた時のエディットキャラも載せておきます。

並べるとグラフィックの違いは一目瞭然ですね。雲泥の差。「真・三國無双7 Empires」は、よくこれをPS4で出したなという仕上がりw

顔は結構色々といじることが出来るものの、防具や服装のパーツが少ないなと感じました。DLCで増やす作戦なのかもしれません。最近のゲームでありがち。

そして、ボク的には一番残念だったのが、体型がほとんどいじれなくなっていること。

前作では高身長バルクマッチョ、どっしり太めレスラー体型から低身長かわいい系男子まで幅広いエディットが出来ていたのですが、今作ではスリムマッチョからガッチリ体型くらいまでしかいじれなくなっちゃいました。

どっしりとしたキャラで許褚の砕棒系統の武器を振り回すのが好きだったのに……。

グラフィックは良くなっているだけに、あれこれと細かいところをいじれないのが残念で仕方ありません。

パーツを選んで決定を押さないとプレビューに反映されないのもストレスですね。矢印キー・決定ボタン、矢印キー・決定ボタンというふうに連打しないとどういうパーツになっているのかが確認できません。

おわりに

ざっくりとした体験版プレイでしたが、ちょっとこれでは購入はためらわれるなというのが正直な感想です。というか、よっぽどのことがない限り買わないでしょう。PS4版のパッケージ版がワゴンセール行きになったら考えます( ˘ω˘ )

無双エンパは「敵バッサバサ薙ぎ払って、ちょっと頭も使うか。」くらいのでいいんですが、肝心の戦闘でストレスが溜まるのが本当にツラい。

戦略ゲーム好きなので、三国志IXみたいな一枚マップオープンワールドでEmpiresみたいなのを期待しているんですが、いつまでも出て来ませんね。

本編もそうですがEmpiresにもマンネリ感が出ているので、switchを切ってグラフィックスと爽快感を突き詰めるか、賢いAIで戦略性の高い陣取りゲームにするかの転換点に来ているような気もします。

思い出補正もあってか2がピークだったとは思いますが、真・三国無双シリーズもいよいよといったところでしょうかねぇ(´・ω・`)

コメント

タイトルとURLをコピーしました