HP自動回復がエラい!「恵みの雫のタリスマン」を取りに行ってきたぞ!

恵みの雫のタリスマン エルデンリング

装備するとHPをゆっくりと回復する「恵みの雫のタリスマン」。エルデンリングは普通のRPGと違い、HPを回復する手段にかなり制限が加えられています。

どっさりとやくそうを買い込んだり、まほうの小ビンでMPを大量回復なんていうことが出来ないんですよね。

比較的敵の攻撃や出現間隔は緩やかなものの、一撃が重いダンジョンの探索中にはこのスキマ時間にHPを回復出来ればなぁなんて場面があると思います。

そんな褪せ人の願いを叶えてくれるのが、この「恵みの雫のタリスマン」。さっそく、取りに行ってきたのでルートをご照覧ください!

「恵みの雫のタリスマン」までのルート! その1

「王都ローデイル」エリアの祝福「王都西城壁」からスタート。

到着したら右手の出入り口から外へと向かい、下へと降りる階段を進んでいきます。

道なりに進むと、雪だるまくんが3体いるエリアに到着。ここの右側にレバーがあるので、それを引きましょう。

レバーを引いたら反対側に飛び降ります。少し高さがあるような気もしますが、ボクはノーダメージで着地することが出来ました。

着地したら、そのまま真正面の開いている扉を抜けて進み、入ってすぐ右側一番手前のドアを開いて道なりに。

そうするとピザカッターマシーンと接敵しますが、左から庭へと出て直進します。

なお、このエリアで寄り道をすると「嵐鷹の斧」や「幼生蝶」×3、「喪色の鍛石【6】」が拾えます。

庭に出て直進したところにあるリフトに乗って、上へと向かいます。

ボクはここでピザカッターマシーンも一緒に乗り込んできてしまい、大変なことになりましたw

リフトを降りて直進していくと、祝福「神授橋」があります。

祝福正面の扉をくぐった先には巨人ゴーレムが寝ていますが、今回用があるのは向かって右手にある宝箱です。祝福も近いので、ゴーレムはスルーして宝箱を開けるのを優先していいのではないかと思います。

宝箱を開けると「恵みの雫のタリスマン」を入手。おつかれさまでした。

恵みの雫のタリスマンまでのルート! その2

恵みの雫のタリスマンまでのルート その2
  • 1
    祝福「隠遁商人のボロ家」から舞い戻りの塔に行く

    東側に走っていき、小高い丘を登った先です。

  • 2
    舞い戻りの塔最上階の宝箱を開けて転送罠にかかる

    敵集団との戦闘後、塔を上っていき宝箱を開けます。

  • 3
    王都ローデイルの祝福「神授橋」近くに転送される

    いきなり王都ローデイルエリアに到着。すぐそばに祝福があります。

  • 4
    ゴーレムの右側にある宝箱から「恵みの雫のタリスマン」をGET!

    祝福「神授橋」の先にはゴーレムが寝ています。これとは戦わずに右側へと向かい、宝箱を開けてタリスマンを手に入れちゃいましょう。

序盤からでも恵みのしずくのタリスマンを取得できるルートがありました。こちらの方が圧倒的にお手軽です。

まずは、「啜り泣きの半島」エリアの祝福「隠遁商人のボロ家」からスタート。東側に進んで、「舞い戻りの塔」に向かいます。

敵集団を倒しつつ最上階に向かうと宝箱が。

この宝箱は転送罠になっているので、わざと引っかかって移動します。

移動先は王都ローデイルの祝福「神授橋」近く。あとは先ほど紹介したようにゴーレムの脇をすり抜けて宝箱を取りに行けばOKです。

王都ローデイルはいろいろな侵入ルートがありますね。

恵みの雫のタリスマンの効果と使用感

「恵みの雫のタリスマン」は、装備するとHPをゆっくりと回復するという強力な効果。

常時つけておいてもいいかとも思いますが、特に真価を発揮しそうなのがダンジョン攻略です。

このゲームのダンジョンでは、敵は自分から攻めてこずに待ち伏せしている場面が多いです。そのため、1戦闘終了後に「ちょっとダメージを受け過ぎたけれど聖杯瓶は取っておきたいな」、なんてシチュエーションではこのタリスマンが有効に使えると思います。

1秒あたりHPを2ずつ回復するので、ボス戦ではほかの有用なタリスマンに付け替えるのが良さそうですね。長期戦になりこそすれ、スタミナやFPの方が重要そうな気がしています。

あとは毒や腐敗の状態異常が厄介な場面でも気休め程度にはなりそうです。

ちなみに、装備画面で付けたり外したりを繰り返すと、そのたびに2ずつHPを回復できます。お急ぎの方はお試しくださいw

おわりに

ということで、「恵みの雫のタリスマン」の取得ルートとざっくりとした使用感についての解説でした。

リホイミくらいの効果ですが、ダンジョンではかなり便利に使うことが出来るんじゃないかと期待しています。

それでは、よい褪せ人ライフを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました