「百獣の統率者」装備ふくびきが登場!全体ドルマ特大ブレスにメタル特攻でフィールド上ではスキなし!

「百獣の統率者」装備ふくびき ドラクエウォーク

2022年3月10日15:00~4月11日14:59のスケジュールで、「百獣の統率者」装備ふくびきが登場しました。

サブスキルに「メタル切り裂き打ち」、メインスキルに「ダークネスフレア」を持つ「百獣の暗黒鞭」が目玉のふくびきです。

メタル切り裂き打ちはメタル系に特攻を持つ全体攻撃スキル、ダークネスフレアはドルマ系特大全体攻撃ブレスと、フィールド上では大活躍しそうなスキル構成となっています。

さっそくガチャもぶん回してみたので、使用感とファーストインプレッションをお届けできればなと思います。

「百獣の統率者」装備の性能まとめ

セット装備の見た目

まずは、見た目から。強くても見た目がアレだとアレですからね!

司令官、統率者、コマンダーといった感じでめっちゃカッコいいですね!DQウォークにもまもの使役職として「まものマスター」が登場しましたが、DQXとはまた違ったテイストの職業になっています。

DQXでは自らがまもののようなこうげき力とスピードを得ましたが、DQウォークではまものの力を借りて戦う職業という感じですからね。こういうコマンダーっぽい装備はよく似合っていると思います。

以下、ざっくりとした性能とスキルについてまとめておきます。

ムチ:百獣の暗黒鞭

レベル習得スキル・特殊効果
1【まもマス】きようさ +5
【レンジャ】すばやさ +5
スパークショット
10双竜打ち
15メタル切り裂き打ち
20ダークネスフレア
30悪魔系へのダメージ +5%
35鳥系へのダメージ +5%
40【得】攻撃力 +12
45【まもマス】戦闘終了時にMPを6回復する
50ビーストソウル
限界突破数習得スキル・特殊効果
1スキルの斬撃・体技・ブレスダメージ +5%
2スキルの斬撃・体技・ブレスダメージ +5%
3スキルの斬撃・体技・ブレスダメージ +5%
4スキルの斬撃・体技・ブレスダメージ +5%

双竜打ち

消費MP18

双竜のごときムチで、敵1体に威力150%の体技攻撃を2回し、たまにしゅび力を下げる。

メタル切り裂き打ち

消費MP26

敵全体に、メタル系なら+15ダメージを与え、それ以外には威力350%の体技ダメージを与える。

+16なら2本揃えたいSSSランクの装備でした。今後のメタル系対策はかいしん率をいかに盛るかに移っていくと思われます。

ダークネスフレア

消費MP41

百獣を統べる力で、敵全体にドルマ属性の、ブレス特大ダメージを与える。

11章周回ではくろうじゅを焼けます。

ビーストソウル

消費MP6

戦闘開始時に「ビーストソウル」を宿す。行動開始時に1度だけ「ビーストソウル」を解放し、3種のモンスターのいずれかの力を引き出す。

だいたい1/3の確率で、ブレスダメージアップの「アームライオン」、毎ターンHP100回復の「ホークブリザード」、毎ターンMP10回復の「あくま神官」のビーストソウルが解放されるようです。

周回向きなのはアームライオンとあくま神官、強敵向きなのはホークブリザードですが、ランダムなのが玉に瑕。選べたらもっと価値のあるスキルになっていただろうに、残念ポイントです。

あたま:獅子王の帽子

レベル習得スキル・特殊効果
1悪魔系への耐性 +5%
5さいだいMP +5
8きようさ +10
10【まもマス】ドルマ属性ダメージ +5%
12【レンジャ】ドルマ属性ダメージ +5%
ドルマ属性ダメージ +5%
15けもの系への耐性 +5%
18守備力 +5
20鳥系への耐性 +5%
23戦闘終了時にMPを 2 回復する
25けもの系への耐性 +5%
限界突破数習得スキル・特殊効果
1攻撃力 +7
2すばやさ +10
3守備力 +5
4さいだいHP +10

よろい上:獅子王の服・上

レベル習得スキル・特殊効果
1イオ属性耐性 +5%
5さいだいMP +5
8きようさ +10
10【まもマス】ドルマ属性ダメージ +5%
12【レンジャー】ドルマ属性ダメージ +5%
ドルマ属性ダメージ +5%
15ドルマ属性耐性 +5%
18守備力 +5
20イオ属性耐性 +5%
23戦闘終了時にMPを 2 回復する
25ドルマ属性耐性 +5%
限界突破数習得スキル・特殊効果
1攻撃力 +7
2すばやさ +10
3守備力 +5
4さいだいHP +10

よろい下:獅子王の服・下

レベル習得スキル・特殊効果
1怯え耐性 +10%
5さいだいMP +5
8きようさ +10
10【まもマス】ドルマ属性ダメージ +5%
12【レンジャー】ドルマ属性ダメージ +5%
ドルマ属性ダメージ +5%
15混乱耐性 +5%
18守備力 +5
20怯え耐性 +5%
23戦闘終了時にMPを 2 回復する
25混乱耐性 +5%
限界突破数習得スキル・特殊効果
1攻撃力 +7
2すばやさ +10
3守備力 +5
4さいだいHP +10

性能面での注目ポイント!

GOOD
  • 「メタル引き裂き打ち」でメタル系処理のお手伝いも可能
  • 「ダークネスフレア」は必中のドルマ系ブレス特大ダメージ
  • まもマス向けと思いきや、レンジャーでも使える

HP10の「メタルホイミン」は確殺、HP16の「ドラゴメタル」は確殺できない場合がある、HP32の「メタルつむり」はもう1本あっても確殺できない場合があるということで、あいまいな書き方になってしまいます。

ダークネスフレアはブレスなので、必中。フィールド狩りでは重宝します。12章なんかではバーハやぎゃくふうを使ってくる敵が出るんだろうとは思いますが、今の時点では便利に使えますね。

新職業のまものマスターに合わせての装備ふくびきだったので、てっきりまもマス専用装備に仕上がっていると思いましたが、レンジャーでも使える性能になっていたのはビックリでした。

防具でドルマ属性ダメージをモリモリにすることができるので、今後ドルマ属性武器が追加されていくにつれて、価値も上がっていくかもしれません。

BAD
  • 「メタル引き裂き打ち」は「ドラゴメタル」確殺では無い

「メタル引き裂き打ち」はメタル系に追加で+15ダメージということで、メタル系には15・16ダメージのいずれかを与えるというスキルになっています。この15ダメージというのが曲者で、HP16のドラゴメタルを確殺できない場合があります。

「ドラゴメタルのほこら」なんかでは、これまでの「ドラゴンのつえ」2本体制と結局変わらないなぁとなってしまいます。

また、11章からのメタル系モンスター「メタルつむり」はHPが32と倍増されているので、「メタル引き裂き打ち」とメタル系には10ダメージを与える「ドラゴラム」のような組み合わせでは倒しきることが出来ません。もう一本、メタル系特攻を持つ武器が必要になってしまいますね。

このままの流れでメタルキングやプラチナキングがDQモンスターズのようなHPで登場するんじゃないかと思って、いまから戦々恐々としていますw

「百獣の統率者」装備の使用感について

ガチャをぶん回してひと通り揃えたので、さっそく使ってみました。まものマスターはまだ育っていないので、今回の記事内ではレンジャーでの使用感になります。

ちょうど育成中のレベル80越えのレンジャーがいたので、百獣の統率者装備をフルセット装備してフィールド狩りへ。

ドルマブレス向けのこころは存在しない

レンジャーのこころ構成はこんな感じ。メガモン全然やっていないのがバレてしまうw

こころ枠ランクこころ
Sジャンボきづち
青・赤Sアトラス
Sランプのまじん
Sジャミ

ドルマブレス向けのこころが存在していないので、攻撃力+きようさを盛る汎用的なこころ構成になってしまっているのが悲しいところです。おまけにDQウォークでの「じげんりゅう」はあまりのダルさにほとんどやっていないという(‘◇’)ゞ

ボクは装備をフルセット揃えたのでドルマ属性ダメージを30%も盛ることが出来ますが、百獣の暗黒鞭だけとなるとメインスキルの火力には期待できないかもしれません。

このあたりはブレス装備共通の悩みとなっていて、「闇の覇者の竜鞭」も持っているのですが、こちらは防具と噛み合うこころがまったく揃っていなくて、大したダメージソースにならないというジレンマがあります。

2キャラ引率で11章を回ってみる

2キャラ引率・2キャラレベリングの構成にして、引率キャラには百獣の暗黒鞭を装備したレベル80のレンジャーとドラゴンのつえを装備したレベル80の賢者を抜擢しています。

「ダークネスフレア」は思っていたよりもかなり使い勝手がいい印象です。

11章を回っていますが、ダークネスフレアとドラゴラムで「はくろうじゅ」もほぼ2パンで焼き切ることができるようになったのがデカいですね。「うごくせきぞう」や「ワイトキング」は2パンでは倒せませんが、出現率が低いのであまり気になりません。

メラ超耐性の「シュプリンガー」だけギリギリ落としきれないのが悩み。

これまで11章の周回では「はくろうじゅ」を焼き切ることが出来なくて、予想外の泥仕合になっていることが多かったんですが、それが一気に解消されました。

特に、「ドラゴンのつえ」と組み合わせると11章でもほとんど2パンで周回出来て快適そのものです。

「じごくのたまねぎ」「テラノザース」「ダークシルフ」「ダークキャンドル」はドルマ系に耐性を持っていますが、そこはドラゴラムでうまくカバーできているかなという印象です。

ただ、これらの敵が多い出現パターンの場合、ダークネスフレアではなくて、メタル切り裂き打ちを使ってしまうケースがありました。このあたりは総ダメージ量で判断していると思われるAIの癖と割り切るしかないですね。

また、かいしん率を上げているとタイガークローやデュアルカッターのような多段攻撃を優先してしまうようなケースもあるみたいなので、こころ編成の際には気を付けたいところ。

とりあえず、いまのところ百獣の暗黒鞭は期待以上の性能になっていて、レベリングのモチベーションが上がりまくりです。

ドルマ属性ブレス向けのこころ登場が待ち遠しい

「ギガントドラゴン」がメガモンスター(?)として登場すると思われますが、こちらがドルマ属性ブレスを強化するこころであることを祈るばかりです。

ほこらの更新はスーパースター向けの「クイーンスライム」だったので、新装備「封竜の神楽鈴」の実装から少し遅れている印象。まもマスのレベル上げをしつつ気長に待ちたいと思っています。

メガモン「じげんりゅう」や「アンクルホーン」といい、ちょうど期間限定ふくびきで装備を引けたときに高火力を出せるこころを落とす敵が出現していないというのは困ったものですね。

特に、「じげんりゅう」は現段階では必須となっているので、復刻まで年単位で最強火力は発揮できないだろうな、というのがもどかしいところです。

おわりに

ということで、「百獣の統率者」装備ふくびきについてざっくりとした紹介でした。

まだ使い始めたばかりなので、使用感については今後いろいろと変わってくるかなという印象です。特に今はまだレンジャーでしか使えていないので、まもマスが育ってきてからどうなるのかに注目しています。

それでは、よいウォークを!

コメント

タイトルとURLをコピーしました