3084レ〜3075レ〜3077レ(札幌貨物ターミナル→名古屋貨物ターミナル)の列車編成【2023/7/29 発】

当ページのリンクには広告が含まれています。

この記事では、2023年7月29日(土)発 3084レ〜3075レ〜3077レ(札幌貨物ターミナル→名古屋貨物ターミナル)の列車編成をまとめています。

目次

停車駅と荷役作業について

3084レ〜3075レ〜3077レの停車駅と荷役作業内容について表にまとめました。

停車駅着時刻発時刻荷役作業
札幌(タ)08:15
苫小牧貨物09:1609:51
八戸貨物19:1320:00
盛岡(タ)21:3622:00
横浜羽沢06:2307:01
名古屋(タ)14:10
  • ◎:着発線荷役
  • □:コンテナ車の連結
  • △:コンテナ車の切り離し
  • ○:コンテナ車の連結と切り離し

列車編成について

けん引機関車

3084レ〜3075レ〜3077レのけん引を担当する機関車について表にまとめました。

区間形式所属
札幌(タ) – 五稜郭DF200五稜郭
五稜郭 – 青森(信)EH800五稜郭
青森(信) – 新鶴見(信)EH500仙台
新鶴見(信) – 稲沢EF210新鶴見
稲沢 – 名古屋(タ)EF510富山

この日の札幌貨物ターミナル〜五稜郭間のけん引機には、五稜郭機関区所属のDF200-114号機が充当されました。

苫小牧貨物駅~八戸貨物駅間の列車編成

2023年7月29日(土)発 3084レ〜3075レ〜3077レ(札幌貨物ターミナル→名古屋貨物ターミナル)の、苫小牧貨物~八戸貨物間での編成は以下のとおりです。

進行方向は向かって左側です。

画像左側を五稜郭駅・名古屋貨物ターミナル駅方面、右側を札幌貨物ターミナル駅・稲沢駅方面として編成画像を作成してあります。

五稜郭〜稲沢間では編成が逆向きになります。

1車目:コキ104-1181

  • 20D
  • V19C
  • UR19A
  • UR19A
  • UR19A

2車目:コキ104

  • UR19A
  • UR19A
  • 19D
  • 19D
  • 19D

3車目:コキ107

  • UR19A
  • V19C
  • UR19A
  • V19C
  • 19D

4車目:コキ107-313

  • V19C
  • 19D
  • UV19A
  • 19D
  • V19C

5車目:コキ106-863

  • (空)

6車目:コキ107-459

  • V19C
  • V19C
  • V19C
  • V19C
  • 20G

7車目:コキ104

  • 19D
  • 19D
  • 19G
  • 19D
  • 19D

8車目:コキ106-35

  • UV19A
  • 20D
  • 19D
  • 19G
  • 20D

9車目:コキ106-336

  • 19D
  • V19B
  • 20D
  • 19D
  • 19D

10車目:コキ104-2100

  • 20D
  • 20D
  • 20D
  • V19C
  • V19C

11車目:コキ106-884

  • 20D
  • V19C
  • 19D
  • 20G
  • 19D

12車目:コキ104-556

  • 19D
  • V19C
  • 19D
  • 19D
  • 19D

13車目:コキ107-934

  • 19D-33671
  • 19D
  • 19D
  • 19D
  • 19D

14車目:コキ104-2384

  • V19C
  • 19D
  • 20G
  • 20G
  • V19C

15車目:コキ107-845

  • V19C
  • 20G
  • UR19A
  • UV19A-1114
  • UR19A

16車目:コキ104-762

  • V19C
  • V19C
  • V19C
  • V19C
  • V19C

17車目:コキ107-2047

  • 19D
  • 19D
  • UR19A
  • 19D
  • V19C

18車目:コキ107-24

  • UR19A
  • 19G
  • 19G
  • 20G
  • 19G

19車目:コキ106-798

  • 19D
  • 20D
  • 19D
  • 20G
  • 20D

20車目:コキ107-1153

  • 20D
  • 20G
  • UR19A
  • 20G
  • UR19A
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次