撮っていて楽しいカメラが欲しくてX-Pro3を買った話

カメラ

2019年11月28日に発売された「X-Pro3」を購入したので、購入に至るまでの経緯や簡単な開封レビューをお届けしたいと思います。

「X-Pro3」を購入に至った経緯

撮っていて楽しいカメラが欲しくなった

購入の動機としては、これが一番大きいですね。撮っていて楽しいカメラが欲しい。

一眼レフでの撮影だと、どうしてもカチカチになるというか、絶対に撮ってやるぞ!みたいな気持ちになってしまう気がします。そうして撮った写真はちゃんと撮れてはいるものの、なんだか無味乾燥で記憶には残らない。撮れたなっていう達成感はあるんですけれど、撮っているときはそこまで楽しくないなぁっていう。

そうじゃなくて、写真を撮っている時間すらも楽しみたいと思って、今回のカメラ選びの旅が始まりました。

「X-T3」とは甲乙つけがたいデザイン

最新技術の出し渋りをして機種の差別化をしてくる他のカメラメーカーとは違って、富士フィルムさんのカメラでは、同世代であればどの機種にもほとんど最新のスペックが搭載されています。おかげ様で、「X-T3」と今回購入した「X-Pro3」とは最後の最後まで迷うことになりました。

X-T3とX-Pro3とでは、センサーや画像処理エンジンは同じになっているので、撮れる写真はほとんど一緒。カメラボディの外観やフィルムシミュレーションといった機能が大きな違いとなっています。

外観はどちらもクラシカルでメカメカとした外観で、どちらも非常にボク好みでした。X-T3は軍幹部に迫力があって、メカニックな姿がかっこいいなぁと思わせるデザイン。対してX-Pro3はスマートな軍艦部ですが、ボク自身が昔に使っていたフィルムカメラを思い起こさせるレトロなデザインとなっていて、こちらも心惹かれるものがありました。

外観には大きな違いがあるものの、それぞれに心をくすぐられるポイントがあって、ボクの中ではどちらも甲乙つけがたいものだったんですよね。

Hidden LCDについて

X-Pro3の大きな特徴といえば、背面にあるHidden LCDです。液晶モニターを確認するには、いちいち画面を開かないといけないというスタイル。ボクとしては、撮ったらチェックのスタイルが染み付いているわけではなかったので、ほとんど抵抗はありませんでした。

確かに、すぐにチェックできるようにチルトやバリアングル液晶だったら便利ですが、それだと写真を撮ることに専念するというカメラのコンセプト自体否定してしまうことになりかねないので、Hidden LCDで良かったと思います。

Hidden LCDが受け入れられない人は、大人しくX-T3を買う方が後悔がないと思います。

決め手は「クラシックネガ」

せっかく富士フィルムのカメラを使うんだから、フィルムシミュレーションで色々と撮ってみたいなという気持ちがありました。X-Pro3にあってX-T3になかったのは、フィルムシミューレションの「クラシックネガ」。このクラシックネガの存在が、X-T3ではなくX-Pro3を購入する一番の決め手になりました。

ヨドバシの店頭でクラシックネガでちょっと撮ってみたときに、写真屋さんでプリントしてもらったものを手にしたときの、あの懐かしい感じがしたんですよね。

見えていたものを撮ったはずなのに、ちょっと違った色合いで写っていて、これなんだけれどこれじゃない、みたいな。BUMP OF CHICKENみたいな感じ(伝われ)。

あの気持ちを思い出したら、X-Pro3にすっかり心を奪われてしまいました。というより、クラシックネガの色味が好きだったのかな(笑)

見えたまんまの色合いが好きだったはずなのに、どうやら歳を重ねると共に考え方も変わってきたようです。

X-Pro3がやってきた

そんなこんなでひと月ほど迷ったあげく、X-Pro3を購入しました。ど田舎でもパパッと手配してくれるヨドバシカメラさんには頭が上がりません。配達屋さんもありがとうございます。

さて、外箱はこんな感じでブラックな感じでした。ボディだけだと、思ったよりも軽くてびっくり。

X-Pro 3の化粧箱

X-Pro 3の付属品を一式開けてみたところはこんな感じです。もう充電器なんてものはついてこないんですね。充電ケーブルはUSB-A to USB-Cケーブルになっているので、使い回しも楽チンです。旅行の際に不要なケーブル類を持ち歩かなくて済むので助かります。

X-Pro 3の付属品一式を開けてみたところ

続いてはカメラの外観をチェック。軍艦部の大きなダイヤルではシャッタースピードとISO感度の設定が出来ます。ちなみ絞りはレンズ側の絞り環で。

ISO感度については、ダイヤル外側部分のカバーを持ち上げる形で回転させることになるので、少し慣れが必要ですね。基本的には上限ISO感度を設定してオートで撮るような使い方が想定されているんだと思います。

X-Pro 3を斜め上からみたところ
X-Pro 3を正面から

X-Pro3の背面にはカラーメモリ液晶があります。こちらにフィルムの外箱を模した形で選択中のフィルムシミュレーションが表示されるという心憎い演出。液晶をチェックするときは90度開くか、バタンと180度オープンさせるかというスタイルになると思います。ローアングルの撮影なら、特に問題なくこなせそうでした。

X-Pro 3を背面から

「XF35mmF2 R WR」も一緒に購入しました

Xマウントは初めてなので、レンズも一緒に買いました。約50mm相当になる「XF35mmF2 R WR」をチョイス。ちょっと使ってみて35mm相当のレンズも欲しいなと思ったので、後ほど追加しようと考えています。

小型で軽量タイプのレンズで、F2シリーズはX-Pro 3にぴったりですね。F1.4も考えたのですが、ちょっと古いのと明るさはF2でも十分かなと思ったのでこちらにしました。開放からでも使えることをコンセプトに設計されているようなので、その点も決め手になりました。

まとめ

X-Pro3を購入するまでに至った動機がメインとなりましたが、簡単な開封レビューでした。急に天気が悪くなって、雪が降ってきたのでまだ撮影には出かけられていません(泣)

ちょっとした旅行を計画しているので、そのときに旅行記を交えながらレビューができたらいいなあと考えています。

それではまた。

コメント

タイトルとURLをコピーしました